読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

替え玉バリカタでお願いします

お仕事と、お仕事そうでお仕事じゃない、少しお仕事な備忘など。

バックアップが失敗する場合の対処法(Windows Server 2008 R2)

気がついたらHyper-VなサーバのWindowsバックアップが動かなくなっていた。焦った。仮想マシンは沢山動いてるし、このサーバーがお釈迦になったら1週間以上復旧に時間がかかります…。

環境(前提)

-Windows Server 2008 R2

-Hyper-V仮想マシンが10台ぐらい動いてる

-夜間にバックアップをスケジュール済み

イベントログ(これが出たら失敗してる)

バックアップ対象のボリュームのシャドウ コピーを作成するボリューム シャドウ コピー サービスの操作が、次のエラー コード '2155348001' により失敗したため、'‎2013‎-‎12‎-‎11T08:08:50.731000000Z' に開始したバックアップ操作は失敗しました。イベントの詳細で解決策を確認し、問題の解決後にバックアップ操作を再実行してください。

f:id:mtaniuchi:20131211181944p:plain

 

何はともあれ、コマンドラインで再実行してみる

GUIだとよく分からないことがあるので、管理者権限で以下のように実行してみた。同時にイベントビューアをにらめっこしながら。 

C:\Windows\system32>wbadmin start backup
wbadmin 1.0 - バックアップ コマンド ライン ツール
(C) Copyright 2004 Microsoft Corp.
 
スケジュールされたバックアップに使用する構成と同じ構成を使用して
バックアップを作成しますか?
[Y] はい [N] いいえ Y
 
スケジュールされたバックアップ対象 へのバックアップ操作を開始しています。
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
(※中略)
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
バックアップ操作が完了する前に停止しました。
バックアップ操作の概要:
-----------------------
 
バックアップ操作が完了する前に停止しました。
エラーの詳細: エラー - 共有復元ポイントの操作でエラーが発生しました (0x81000101)
 
シャドウ コピーの作成がタイムアウトしました。この操作を再度実行してください。
 
 
共有保護ポイントが作成される前に、Windows バックアップがタイムアウトになりました
エラー - 共有復元ポイントの操作でエラーが発生しました (0x81000101)
シャドウ コピーの作成がタイムアウトしました。この操作を再度実行してください。

失敗の原因

 シャドウ コピーの作成がタイムアウトしているということは、タイムアウトしないようにすればいい。ということで、以下のレジストリにエントリを追加。そして再起動!

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SPP\CreateTimeout
※REG_DWORDで追加
※タイムアウト値はデフォルト10分らしい
※今回は30分にしてみた

f:id:mtaniuchi:20131211182951p:plain

結果

以下のように、うまくいきました! 

C:\Windows\system32>wbadmin.exe get status
wbadmin 1.0 - バックアップ コマンド ライン ツール
(C) Copyright 2004 Microsoft Corp.

バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
ボリューム システムで予約済み (100.00 MB) のバックアップは正常に完了しました。
ボリューム ローカル ディスク(C:) のバックアップを作成中に (1%) をコピーしました

ボリューム ローカル ディスク(C:) のバックアップを作成中に (96%) をコピーしました

ボリューム ローカル ディスク(C:) のバックアップは正常に完了しました。
ボリューム ゲストOS(E:) のバックアップを作成中に (0%) をコピーしました。
ボリューム ゲストOS(E:) のバックアップを作成中に (6%) をコピーしました。
(※後略)

 

イベントログの監視って大事ですね。バックアップはシステムの生命線でございます。一度動いていると、ついつい放ってしまうのですが、これを気に監視の仕組みを用意しようと思います。