替え玉バリカタでお願いします

お仕事と、お仕事そうでお仕事じゃない、少しお仕事な備忘など。

CoreDataのユーティリティクラス

Appleのサンプルが見つからなかっただけかもしれないが、CoreDataの扱いが楽になるクラスを用意した。

動機

新規プロジェクトを「MasterDetail」+「Use CoreData」で作ると
ViewControllerの中身がViewの操作とCoreDataの操作でぐちゃぐちゃ。。。
自動生成のコードでアプリを作って、それをメンテしたくないw

やったこと

とても気持ち悪い気がしたので、CoreDataの操作を外出しにしたコードを書いてみた。

  • アプリ全体のFacade的なクラスを用意=AppDataFacadeクラス
  • CoreDataのユーティリティクラスを用意=CoreDataUtilクラス
  • ViewControllerではAppDataFacadeを使ってDBを操作

AppDataFacadeはFacadeと名付けていいものなのか。
とりあえず何でも屋さんとして命名。

広告を非表示にする